あんしんへいわのみち⑲

0 - Published in Japan - Social interactions and entertainment - 12 days ago

しゃかは、ぶっきょうに、ほとけのまごころをときあかす。
ひとにみちありて、これを、ゆくべし。さとりくらくても、
かならずおうじょうして、じょうどへいたるなり。これを
しんじることは、にんげんとして、もっともとうといさと
りである。まよいふかくても、かならず、おうじょうをさ
とるなり。じょうどへのおうじょうは、まよいをさとり、
すくいをしんじて、ほかにみちはないことをさとる。
ほとけのさとりに、まよいなくて、だいじひあり。これを
しんじつとして、あきらめないいきかたをさとる。ひとは
てんにあいされてうまれでる。まよいにいきて、あらそわ
ず、いきてじょうどをおもいえがき、わがいのちをおえて、
ほとけのせかいにかえるばかり。わがいのちも、かえるい
のちも、ほとけのいのちも、うまれるところにおなじぬく
もり。さとりくらくして、ひとのしあわせを、ねんぶつの
わがみちにさだめるしあわせ。合掌

Support

Comments (0)